ねこめし屋ものがたり

さて、ねこめし屋には「ねこめし屋ものがたり」というマンガが読める機能があります。ゲームの中に設定されている「もくひょう」を達成すると、ステキなマンガが全部で34話(!?)も読めるんです。

みなさんは一体いくつご覧になられましたか? え?全部みた?それはすごい!ありがとうございます!!

アナタってキトク(いい意味です)な方!ね、ネコ店長?

ネコ店長:「ンだね〜もうクリアした人もいるんだって!」

ねこめし屋のお話は、わたくしが毎晩夜ナベしてストーリーを考えて、それを元にイラストレーターのうのきさんが超ステキなマンガにしてくださいました。ありがとううのきさん!

で、このお話について、知り合いから、「そもそもなんでねこのごはん屋さんのお話なの?」といういう素朴な質問をこの前いただいたのですが、

それはせいさくしゃのわたしがですね、

「極度の猫好き(ネコ族には永遠の愛をちかっている)」

「ごはんのことばかり考えている」

「行きつけのごはん屋さんとかほしい」

…というようなことを常に頭の中でモヤモヤ考えていまして、それらが全て合わさって、「ねこめし屋」になったというか、ほんと不思議なくらい、自然な成り行きでこういうお話になりました。

ちなみに、ネコ店長は、わたしの憧れなんです。

すっとぼけてるけど、やさしくて、あたたかみがあって、周りの個性も受け入れられる、そんな人(つーかネコですが)。になりたいなぁ。

ネコ店長:「照れるニャ=♡^・ω・^♡=」

イメージは宮沢賢治の「雨ニモマケズ」からインスピレーションを受けています。

実際きっとこういう人がどこかにいたらいいなぁ…なんて想いながらストーリーを書いていました。あなたの周りにはいますか?そんな人?いたら紹介してほしい。笑。

本当はいろいろとストーリー解説とかしたいんですが、

リリースしたばかりなので、ネタバレになっていま遊んでいるかたに怒られたらいけないので、ガマンガマン。これからにとっておきましょ。

よかったら感想を公式twitter宛に頂けるとうれしいです。ハッシュタグ(#nekomesiya #ねこめし屋)をつけて、好きなお話についてツイートしてくださったらうれしいです^^

ねこめし屋公式twitterはコチラ!

P.S

(実は「ねこめし屋ものがたり」まだお話の続きがあるのです。ああ、早くアプデ版をお届けしたい!がんばらねば。)

※1 アナタはもうねこめし屋物語を全部読みました?     

※2 駒場にある日本近代文学館でみた宮沢賢治直筆の「雨ニモマケズ」の原稿(撮影が下手でごめんなさい)筆跡からしてとても素朴で実直な方だったんだろうなぁ…

注目記事一覧
最近の投稿
ねこのごはん屋さんへようこそ!
ねこめし屋
ブログ カテゴリー

© 2016 tamtam,LLC 

All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now